あなたはバナナについてどれだけ知ってる?バナナ栄養素クイズ

  1. FITOUT
  2. クイズ
  3. あなたはバナナについてどれだけ知ってる?バナナ栄養素クイズ

筋力トレーニングやダイエット時に重宝されているフルーツ「バナナ」。あなたはバナナについてどれだけ知ってるか挑戦してみましょう!!

第1問

バナナ100gのカロリーはどれくらい?

1

50kcal〜70kcal

2

70kcal〜90kcal

3

100kcal〜120kcal

4

120kcal〜140kcal

答えは「70kcal〜90kcal」です。

バナナ100gで約86kcalと言われています。

第2問

この中でバナナ100gよりもカロリーが高いフルーツは?

1

アボガド100g

2

柿100g

3

洋梨100g

4

グレープフルーツ100g

5

リンゴ100g

6

キウイ100g

答えは「アボガド」です。

アボガド100g(187kcal) > バナナ100g(86kcal) > 柿100g(60kcal) > 洋梨100g(54kcal)or リンゴ100g(54kcal) > キウイ100g(53kcal) > 

グレープフルーツ100g(38kcal)の順番でカロリーが高いです。

第3問

バナナに含まれない栄養素は?

1

鉄分

2

ビタミンB6

3

ビタミンC

4

マグネシウム

5

6

ナトリウム

答えは「ナトリウム」です。

バナナにはナトリウムは含まれていません。

第4問

トレーニング何分前にバナナを食べると良いとされている?

1

120分前

2

90分前

3

60分前

4

30分前

5

10分前

答えは「30分前」です。

トレーニング前に糖質を接種できていない場合、バナナは消化が早いのでトレーニング30分前に食べると良いとされています。

第5問

バナナを接種することによって期待できない効果は?

1

骨が弱くなるのを防ぐ

2

筋肉痛を緩和する

3

血圧を下げる

4

トレーニング時のパワーを上げる

5

太りにくい体質する

答えは「太りにくい体質にする」です。

バナナに「太りにくい体質にする」効果は期待できません。が、胃持ちや食物繊維が豊富なのでダイエット時にも人気のフルーツです。

第6問

バナナよりもGI値が高い食べ物は?

1

発芽玄米

2

巨峰

3

オートミール

4

リンゴ

5

スイカ

6

みかん

答えは「スイカ」です。

GI(グリセミック指数)が高い食べ物を食べると血糖値が急激に上昇し、脂肪燃焼を抑制するインシュリンが分泌されやすくなります。よってダイエット時は、低GI(55以下)の食べ物を食べるのがオススメです。

なお、スイカ(GI値60) > バナナ(GI値55) or オートミール(GI値55) > 発芽玄米(GI値54) > 巨峰(GI値50) > リンゴ(GI値39) > みかん(GI値33)の順番でGI値が多いです。

第7問

バナナに含まれている糖分で一番多い種類は?

1

ブドウ糖

2

果糖

3

ショ糖

4

麦芽糖

5

デンプン

6

乳糖

答えは「ショ糖」です。

バナナ100gに対して、ショ糖10.5g > デンプン3.1g > ぶどう糖2.6g > 果糖2.4g > 麦芽糖 微量 > 乳糖0g の糖分が含まれています。バナナは様々な種類の糖類が多いということで重宝されています。

第8問

バナナの状態と期待できる効果の組み合わせで正しいのは?

1

便秘の場合は黒バナナ

2

疲労回復したい場合は黄バナナ

3

胃腸の調子をよくしたい場合は青バナナ

答えは「疲労を回復したい方は黄バナナ」です。

青バナナはでんぷん質が多いので便秘解消にオススメ、黄バナナは栄養素が一番多くビタミン・ミネラルが豊富なので疲労回復にオススメ、黒バナナはリン脂質という胃腸の粘膜と結びつきやすい物質があるので胃腸の調子を良くする場合にオススメです。

あなたはバナナについてどれだけ知ってる?バナナ栄養素クイズ